転職エージェント

自衛隊からの転職を斡旋してくれる自衛隊援護協会の利用はNG!

自衛隊からの転職を斡旋してくれる自衛隊援護協会の利用はNG!

自衛隊からの転職を検討されている方が最初に取り組むべきは、転職に関する情報集取です。

転職と言っても人によって置かれている状況や、今後の目的等が違ってくると思います。

状況や目的も踏まえた上で果たしてどこなら転職できるのか、まずは自己分析を行うためにも自身の転職市場における市場価値を把握する事が大切です。

この記事では元自衛官である筆者が自衛隊からの転職において、斡旋してくれるサービスを3つに絞ってそれぞれ詳しく解説しています。

自衛隊からの転職を斡旋してくれるおすすめサービス3選

自衛隊からの転職を斡旋してくれる自衛隊援護協会の利用はNG!
  1. 転職サイト
  2. 転職エージェント
  3. 就職支援部署(自衛隊内部のサービス)

結論からいうと自衛隊からの転職を検討されているのであれば、転職エージェントを上手く活用することをおすすめします。

転職エージェントでは自衛隊からの転職であっても、しっかりと転職活動をプロのキャリアアドバイザーが個別に無料サポートしてくれます。

今現在のご自身の転職市場における市場価値を割り出してくれる他、ご自身に合った求人情報を複数紹介してくれるため非常に便利です。

転職サイト

通常の転職サイトであればサイト内に企業求人が複数提示されており、それに対して自身で応募し内定を勝ち取らないといけません。

応募から内定まで自身の手で全て行える為、転職活動において比較的自由度が高いのが転職サイトのメリットと言えるでしょう。

多くの転職サイトは無料で利用できる上に転職活動をサポートしてくれる担当者もつかない為、マイペースに転職活動を進める事ができます。

転職エージェント

転職エージェントとは転職サイトとは違い、サービスサイトに登録すると同時に一人一人に担当者がつくようになっています。

キャリアアドバイザーと呼ばれる転職エージェントの担当者は、あなたの転職活動を応募から内定が出て働き出すまで全ての面においてサポートしてくれます。

自衛隊に在籍していると転職活動の取り組み方など分からない事が大変多いと思いますので、まずは転職エージェントに登録してから相談してみる事が大事です。
 

ゲキサポは、マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービスです。自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から、面接対策までしっかりとトレーニングします。担当者も、キャリアカウンセラーや、企業の採用担当、起業家など、採用に関わる人から指導を受けることができます。

就職支援(自衛隊内部のサービス)

自衛隊内部にも退職予定者に対する転職を支援してくれる「就職支援サービス」という部署が存在します。

自衛隊援護協会と呼ばれる自衛隊内部にあるサービスという事で、退職を希望する方の多くが最初に相談する部署です。

自衛隊援護協会とは、国の許可を得て自衛隊退職者に対する就職支援を行っている非営利型法人。

基本的に自衛隊では防衛省も含めて職業紹介の権限がない為、自衛隊援護協会によって再就職の斡旋を行っています。

自衛隊援護協会の活用がおすすめできない3つの理由

自衛隊からの転職を斡旋してくれる自衛隊援護協会の利用はNG!
  1. 紹介される業種が限られている
  2. 自身に合った職種であるか分からない
  3. 自身の市場価値の計測などは行ってもらえない

無料で求人紹介してくれる自衛隊退職者向けの就職支援を行っている自衛隊援護協会ですが、一般的には他の転職サイトとやっていることは変わりありません。

紹介されている求人情報も運輸業や警備会社などの求人情報が大半であり、取り扱い求人数も大手の転職サイトと比較すると大変少ないです。

また、実際に自衛隊内部の就職支援サービスを活用して転職している人は稀であり、多くの方が外部の転職サイトや転職エージェントを活用しています。

紹介される業種が限られている

自衛隊内部にある就職支援サービスでは紹介される業種が限られており、転職エージェントのような常に転職活動を支援してくれる担当者もつきません。

自衛隊退職者に紹介される業種としては、主に

  • 長距離ドライバー
  • 工場勤務
  • 警備員

などが大変多いです。

転職する際には業種選びがとても重要になってきますので、仮に上記の業種へ転職したとしてもその後のキャリアには繋がらないでしょう。

自衛隊から転職するならIT業界がおすすめ!その理由を徹底解説
自衛隊から転職するならIT業界がおすすめ!その理由を徹底解説自衛隊から転職するならIT業界がおすすめ!ということで、その理由と実際の転職方法に関して詳しく解説しています。実際に自衛隊からIT業界へ転職された方の体験談等もご紹介しています。...

自身に合った職種であるか分からない

自衛隊援護協会のサービスの一番の欠点は、紹介された求人が自身の適性に見合った業種であるか分からないという事です。

自衛隊内の職種選びではしっかりとした教育隊での適性検査や学力で割り振りが行われますが、退職者に対しては適性検査などは全く行われません。

その為、求人情報を紹介されはしますが、正直言って応募した求人先の業種があなたに合っているかどうかは誰にも分かりません。

自身の市場価値の計測などは行ってもらえない

自衛隊内の就職支援サービスでは、転職市場における現時点での自身の市場価値調査などは行ってもらえません。

それでなくとも自衛隊という特殊な職業についていたわけですから、転職市場における価値は未知数。

企業によっては評価してくれるところもありますが、業界や業種によっては全く評価に繋がらない場合もあります。

まとめ:自衛隊からの転職を斡旋してくれる自衛隊援護協会の利用はNG!

自衛隊からの転職を斡旋してくれる自衛隊援護協会の利用はNG!

ここまで自衛隊からの転職を斡旋してくれる自衛隊援護協会の利用が、おすすめできないという理由等に関して詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事の要点は以下となります。

自衛隊援護協会の活用がおすすめできない3つの理由
  1. 紹介される業種が限られている
  2. 自身に合った職種であるか分からない
  3. 自身の市場価値の計測などは行ってもらえない

自衛隊からの転職を少しでも検討されている方は、まずは無料で活用できる転職エージェントを使って相談してみてください。
 

ゲキサポは、マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービスです。自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から、面接対策までしっかりとトレーニングします。担当者も、キャリアカウンセラーや、企業の採用担当、起業家など、採用に関わる人から指導を受けることができます。