転職ノウハウ

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】

(30代自衛官でも転職することはできるのだろうか…)と不安に思っていませんか?

転職市場では30代前半までがもっとも企業にニーズがある年齢とされており、30代後半になるとかなり転職が厳しくなってきます。

とはいえ、30代が転職を成功させている事例は、数多あります。

40代になればもっと自衛隊からの転職が難しくなるので、30代でしっかりと今後の目標を定めて行動する事が大切。しかし、当然、40代、50代とは言え人脈や能力を生かして転職を成功させている人もおります。

この記事では実際に自衛隊から転職を成功させた筆者が、30代自衛官からの転職に関して詳しく解説しています。

現時点で自衛隊から転職しようかと悩んでいる30代の方は、是非とも参考にしてみてください。

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ

自衛隊から脱走するのはやめろ!最悪の結末になりかねない理由とは?
  1. 自身の状況にあった働き方を選択する
  2. どのような業界へ転職したいのか明確にしよう
  3. 興味がある分野や転職先は徹底的に自身で調べる

30代自衛官が転職で失敗しないためのコツとして一番大事なことは、主体的に自身で判断して行動して行くことにあります。

今後40代50代といった人生の折り返し地点を、どのような状況で迎えたいのか明確にイメージするとともに、自身ののぞむ働き方を実現できるような業界選びが重要。

転職において業界選びを間違ってしまうと思わぬ後悔を生んでしまうので、必ず転職エージェント任せにせず、自身でも徹底的に業界についてリサーチしましょう。

自身の状況にあった働き方を選択する

あなた自身が今後どのようなライフスタイルを確立して行きたいのか、まずはあなたに合った働き方を考えてみましょう。

例えばあなたが妻子を養っている立場であれば、ある程度の年収がもらえる業界・職種・企業等へ転職をしなければなりません。

逆に、あなたが30代独身であれば新しいチャレンジをしても良いですし、手堅くしっかりと給料がもらえる企業へ転職するのもアリでしょう。

どのような状況に置かれているかによっても、人によって選択肢が変わってくるのでまずは状況を整理して、優先順位をつけることが大切です。

 

どのような業界へ転職したいのか明確にしよう

ある程度自身の転職における優先順位が固まってきた方は、自身に適した業界がどこであるか転職エージェントに一度、相談してみると良いでしょう。

今まで自衛隊で長く勤めてきた方は、他の業界の情報が乏しいと思いますので、まずは情報収集を行う必要性があります。

業界によっては今後市場規模が縮小するところもありますので、転職する際は将来的に考えてある程度成長が見込める業界を選ぶべきです。

興味がある分野や転職先は徹底的に自身で調べる

転職しようと考えると誰もが最初に、転職サイトや転職エージェントを活用すると思います。

30代自衛官から転職するとなるとかなり慎重に転職先を選ばないといけませんし、外部のサービス任せにしていては、ブラック企業等を紹介されかねません。

転職エージェントを利用して無料相談してみることは大変良いことですが、担当者側から言われたことに対して全てを信じ込んではいけません。

必ず事実確認のためにも自分自身で、業界や企業等についてリサーチする事が大切。

幸い、今はYouTube、Twitter等で情報発信している人も多いので、実際に転職した経験がある方のリアルな意見・口コミ等も参考にしてみましょう。

30代自衛官で転職した方がよい人

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】
  • 自衛隊以外にやりたい事がある
  • 今よりも年収アップを狙いたい
  • 職場に目指すべき人が見当たらない

自衛隊という狭い世界で長く働いていると、社会人としての視野がかなり狭くなってしまいガチです。

実際に私も自衛隊にいた頃は、外での働き方に対してかなり抵抗がありましたし、周りの人たちのほとんどが民間企業での働き方を経験した事がない人ばかりでした。

現時点で自衛隊以外にやりたい事があったり、今よりも年収アップを狙ったりなどの意欲・意識が高い方は、自衛隊からの転職に向いているといえるでしょう。

逆に30代自衛官で転職しない方がよい人

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】
  • 今の現状に少なからず満足している
  • 自衛隊の中で目指すべき人が既にいる
  • 妻子を養っており簡単にキャリアチェンジできない

長く自衛隊で生活しているとそこでの生活になれてしまって、いざ民間企業に転職した際に(自衛隊の方が楽だった…)と後悔する人は大変多いです。

自衛隊には”出戻り”という言葉があるように、一度自衛隊を退職してから外での働き方が合わずに再度自衛隊に戻ってくる人も少なくありません。

出戻りになっては本末転倒なので、自衛隊から転職する際には必ず民間での働き方が自身に合うかどうか、実際に働いている友達または知り合いに相談してみましょう。

「自衛隊を辞めて失敗だった」と後悔した人の体験談【民間はキツイ】
「自衛隊を辞めて失敗だった」と後悔した人の体験談【民間はキツイ】自衛隊を辞めて失敗だったと後悔したくないですよね。 実際に自衛隊から民間企業へ転職してから (これなら自衛隊の方がまだよかっ...

実際に30代で自衛隊から転職した人の口コミ・意見

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】

結論からいってネット上には、それほど目立った30代自衛官が転職したような、意見・口コミは見当たりませんでした。

とはいえ、私が知る中で実際に30代から転職してパティシエになった方や、40代から転職して動物飼育員になった方もいます。

30代だから転職が遅いというのはただの言い訳でしかなく、しっかりと目標を持って行動できる人は、何歳からでも転職を成功させることはできるということです。

Twitter上の口コミ・意見

確かに民間企業からしたら自衛隊の待遇は、かなりブラックだといえます。

広報官は自衛隊の良い側面しか見せませんので、しっかりとどのような仕事環境なのか実際に働いている自衛官に直接聞いてみるのが良い方法でしょう。

もちろん、これから自衛隊を退職し民間企業への転職を考えている方も、同じことがいえます。

防衛大学校を卒業している方も、30代で民間企業へ転職されたみたいです。

防大といえばかなりブラックな噂が絶えない場所ですが、違う目標があるのであれば卒業と同時に転職するのもアリですね。

50代で自衛隊を辞めるのはおすすめしませんが、30代・40代であれば辞めてもまだ可能性はあるといえます。

現時点で転職を検討しているのであればどの年代であっても、今後のキャリアプランをしっかりと練り直す必要性がありますね。

40代自衛官が転職活動を行い好きを仕事にするまでの奇跡【体験談】
40代自衛官が転職活動を行い好きを仕事にするまでの奇跡【体験談】40代の自衛官が転職活動を行い民間企業で働くまでの道のりに関して、リアルな体験談を書いてもらいました。これから転職活動を行おうと考えている方は、是非とも参考にして頂けましたら幸いです。...

30代自衛官の主な3つの退職理由

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】
  1. 新しいことに挑戦したい
  2. 家族と過ごす時間を増やしたい
  3. ストレスフルな日常生活に終止符を打ちたい

特に30代幹部自衛官の方に多いのが、“家族と過ごす時間を増やしたい”といった理由です。

曹クラスの自衛隊員であれば転勤などは少なくてすみますが、幹部自衛官の場合は2〜3年に一度は必ず転勤があります。

単身赴任で家族と離れる人もいますが、中には家族と一緒に転勤生活をして暮らすご家族も少なくありません。

また、自衛隊の生活自体がストレスフルなので、現状を変えて新しいことに挑戦したいといった理由で転職を希望する方も大変多いです。

30代自衛官に多い転職先【幹部・曹クラス別】

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】
  • 30代曹クラスの場合:物流・運輸業界(佐川急便など)
  • 30代幹部クラスの場合:コンサルティング業界

あくまでも全体的に多い転職先なので、あなた自身が今後どのようなキャリアプランを描いているかによって、自由に転職する業界は選んで良いと思います。

30代曹クラスの場合

30代曹クラスの場合は自衛隊内で取得した資格を活かして、物流・運輸業界へ転職する人が多いです。

自衛隊にある大型車両は佐川急便のトラックと同じ大型車両なので、自衛隊内で運転していた方はかなり適性があるとみなされ、採用もされやすい傾向があります。

また、給料面も自衛隊と同じもしくはそれよりも少し良いくらいなので、所帯持ちの30代自衛官からの転職先としてもよく挙げられる業界です。

30代幹部クラスの場合

30代幹部クラスの場合は幹部自衛官として自衛隊内で培ったマネージメント力を活かして、コンサルティング業界へ転職するケースが多いです。

幹部自衛官の仕事の一つである”幕僚業務”は、コンサルティング業務に近いものがあり、面接試験などで話すと、好印象をもたれる可能性大。

また、幹部自衛官は仕事に対してタフなので、民間企業でもしっかりと勤める事ができる人が大半です。

30代自衛官におすすめの転職エージェント

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】

30代自衛官の方で現時点で少しでも転職を検討されている方は、まずは転職エージェントを活用してプロのキャリアアドバイザーに無料相談してみましょう。

転職活動は情報戦といっても過言ではなく、より有益な情報をゲットして希望の転職先を探すことが大切になってきます。

幸い、今は無料で転職相談できる転職エージェントサービスが大変多いので、それらの無料サービスをフル活用して情報収集を行うのが良い方法です。

また、転職活動に関して何から行えば良いのか分からない人でも、親身になって相談にのってくれるので心配することはありません。

おすすめ転職エージェント:ゲキサポ

自衛隊員への転職相談は、経験と実績から。
また、転職を行うのが初めての方でも、親身になって対応してくれます。
総合評価
求人数10万件以上
認知度業界トップクラス
利用者数約494万人(男性:57.6% 女性:42.4%)

まとめ:30代でも自衛隊からの転職は遅くはない

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ【人生逆転】

結論をまとめると30代でも自衛隊からの転職は可能であり、転職を失敗させないためには事前にキャリアプランをしっかりと考えた上で、行動する必要性があります。

30代が自衛隊からの転職で失敗しないための3つのコツ
  1. 自身の状況にあった働き方を選択する
  2. どのような業界へ転職したいのか明確にしよう
  3. 興味がある分野や転職先は徹底的に自身で調べる

30代自衛官からの転職にはかなり勇気がいると同時に、誰もがすぐに大きな行動に移せるものではありません。

まずはご紹介した転職エージェントを活用して、プロのキャリアアドバイザーに転職相談した上で、自身に適した業界を探してもらってみてはいかがでしょうか。